workshop GRASS HEART

染、紡、織、編の工房の日々_______Tel/Fax 03-3776-2784_______Mail: grassheart@nifty.com
オープンアトリエ 5日目
DSC_3542.JPGDSC_3543.JPG











 今日は 5日間の締めくくりです。フライイングシープの
 コリデールフリースを取りあげ 何かしらわかり 作れたらと思います。


コリデール(アーリーションホゲット)2Kg しろぼく(父)大ちゃん(母)の仔  チェビオットコリデール
DSC_3545.JPG
 フライイングシープのフリースは
 丁寧に たたまれ 広げやすく
 しばし全体を眺めたくなります。
 上のほうネックの部分に 
 さんごが落ち着きました。

DSC_3547.JPG
 部位別に分けました。

DSC_3556.JPGDSC_3553.JPG

 部位別のステイプル表


  ベリーとネックの部分を洗ってみました。
  午前中にモノゲン液に浸け(6時間ほど)
  夕方 すすぎ 広げたところへ
  さんごが リラックス。

  ネックとベリーを並べると ステイプルの広がり方の違いが判ります。
  べりはーは ほとんどクリンプなしです。

  少しずつ紡ぎ分け 実感したいと思います。


白く柔らかく 優しい毛です。アーリーショーンホゲットというのは 時期的に 半年で毛刈りせず 毛先を切ってそのまま1年後に毛刈りするようにしたものだそうです。

DSC_3549.JPG
 午後は 草木で染めた ポロワススライバーを
 全部カーデイングしてしまいました。
 
 昨日の続きのオープンアトリエですが
 見学の方も訪ねてくださりやすく
 ワークショップ、工房WORKとメリハリついて 出来ました。

 季節もよく 梅雨の前 出張のない期間に
 どんなことが出来るかと
 あまりてきぱきと仕事が進まなくなったので
 訪問してくださる方がいらっしゃると
 気分も弾んで過ごせました。


あしたから また出張が続きます。予約講習、定期的な講習で スケジュールは決まり 合間にコリデールを
染め紡ぎます。







| grass-heart | オープンアトリエ | 00:28 | - | - |
オープンアトリエ4日目
今日は * ホームスパンテクニック講座の電動カーダーの予約
    
DSC_3531.JPG
 * オリジナル糸を作るためのファイバーバッツの作り方
   アートヤーン的紡ぎをします。(odoradeku )
   あと2名参加可能です。(11時から3時まで)

アートヤーンを紡ぐためのバッツの準備とカーデイングの仕方 紡ぎ方は 簡単なようですがなかなか 上手くいかないと思っています。どのようなのがいいのかとも。
DSC_3532.JPG
 色を組み合わせるというよりも
 同じグループのカラースライバーは
 お互いに引き立て合いますから
 何色使っても大丈夫。

DSC_3536.JPG

やや太めのスラブ 細めのスラブ撚りの強さを変え ガイド糸により合わせを変えてみるだけでも 次はどうしてみようとわかります。
DSC_3538.JPG

 手紡ぎ経験が あるほうが
 意図的に紡ぐことが必要と
 理解できるでしょう。

 今まで紡いだことのない
 糸ができましたね。

羊毛が整えられれば
感覚的に色を選んだり 手に任せることを躊躇しないほうが どんどん紡げます。


明日の予定
6月4日(月)初めてのフリースワーク コリデール
    11:00〜4:00
    部位別 サンプル 洗い方 カーデイング 紡毛 セミ梳毛 
◆  〕陲跂海離泪侫蕁次碧造・整経・染め・機賭け・製織・縮絨)
   手編み用の手紡ぎ                    以上の予定です。
   







| grass-heart | オープンアトリエ | 05:04 | - | - |
オープンアトリエ3日目
DSC_3517.JPG
 オープンアトリエの初日にお隣の方にいただいた紫陽花 
 色が変わっていくといわれます。


 今日は 午前中〜 予約講習 多色染め。
 
 今年のfiberは コリデールなので
 コリデールの多色染めをします。d

 そして手紡ぎサンプルまで。
 出来れば作品も。

 午後からは ラムサ編みのワークショップ。

コリデールを染めます。スカード500gを100gずつ。
100gずつを ダイヤモンドファースト(左鍋)とアシュフォード三原色(右鍋)で染めます。
染料メーカーによって色はもちろん染料のもろもrが違います。また羊毛種によっても 発色が違います。
DSC_3518.JPG
 三原色を濃度1% に溶いておき
 羊毛の上に染料を置いていきます。

 左と右は 染料の入れ方が違います。
 染料の混ざり具合が違ってきます。

DSC_3519.JPGDSC_3520.JPG

 沸騰させ
 発色混色の様子を確かめます。
 


DSC_3521.JPG DSC_3529.JPG

 染液が透明になり 放冷し、
 すすいで ざるに広げ 乾燥させます。


ラムサ編みのいろいろ糸各種と編み方
DSC_3523.JPG

 素材各種 糸の太さ 編み棒の太さなど
 変えて編んでみます。

 編み方は 簡単ですから 編地の変化を
 形にしていく工夫をします。

DSC_3524.JPG

 ラムサ編みは
 スウェーデンに伝わる編み方だそうです。

 どんなものを編んだのか資料はありませんが。

 棒針 メリヤス編み かけ目二目一度
 などで編みます。
 左画像と下画像は
 表裏です。

 輪にして編みます。

DSC_3525.JPG
| grass-heart | オープンアトリエ | 08:39 | - | - |
昨日・今日・明日  続く
工房の今日は 昨日の続き いらしてくださった方も今日はそれぞれに。
                            今日は 綿・麻のことフレーム織りをします。
DSC_3507.JPG

 朝の仕事
 ヨモギを刈り取ることにしました。

 裏庭なので あまり日が当たらない
 ひ弱な感じですが、

 

束にして ドライにするため ぶら下げます。
DSC_3508.JPGDSC_3511.JPG


午後からは友人知人 織りや縫いの方々
DSC_3512.JPG
 不動の古裂 

 ホームスパンの織り端でも
 縫うと良いです。
 

 みんな袋が好き。

DSC_3513.JPG

 そして 久しぶりのフレーム織り

 こちらは 端糸を織るのにも楽しく 
 無駄分のない四角い布を織ります。

 木綿を織るのが気持ちよいです。

DSC_3516.JPG
 今年の
 ガラ紡など木綿の
 ベビーハンカチ

 浴用や汗拭きに。
| grass-heart | オープンアトリエ | 09:26 | - | - |
オープンアトリエ
DSC_3502.JPG




オープンアトリエ 始まります。
  きのうのつづき・・・・・・です。

お話しするだけでもいいのです。
      何か必要なものがあれば 
            ご相談ください。


  5月31日(木)〜6月4日(月)
      11:00〜19:00   

ラフィアと工房見学で 大忙しでした。


ワールドカップと英国ダービー 
続きを読む >>
| grass-heart | オープンアトリエ | 07:16 | - | - |
オープンアトリエ・ fiber   2018年5月31日〜6月4日
        オープンアトリエは "fiber & workshop"
                 染め・織り・紡ぎ・編みの初心者の方にもわかりやすいもの・こと
DSC_3208.JPG fiber  綿・麻・羊毛・ラフィア
     フライイングシープ : 洗い済み羊毛 染色羊毛  フリースサンプル帳
     odoradeku : バッツ カラー羊毛パック アートヤーン
     saredoの糸:la boucre D.C.W.L他 棉・羊毛混棉
     grass heart: 生成りラフィア・カラーラフィアパック
 workshopp (*は 予約受付中)
   5月31日(木) ・ラフィアクラフト
   6月 1日(金) *麻玉プロジェクト
   6月 2日(土) *手紡ぎ糸でラムサ編みのカウル
      2日(土) ・予約講習:コリデールのまだらぞめと手紡ぎ
   6月 3日(日) *ARTYARN BASICS (バッツを作ってオリジナル糸を紡ぐ)
   6月 4日(月) *コリデール(ホゲット)の部位別ワークショップ  

参加者募集のワークショップ
    5月31日(木) ラフィアクラフト 
DSC_1523.JPG ・テープの編み方 
 ・テープの整え方 
 ・形にする とじハギ方など

 時間:11:00〜16:00の間(満席になりました。)
 講習費:¥4000 材料費:別途
 持ち物:ハサミ・洗濯バサミ・毛糸針 
 ・予約A:<グループレッスン>kinder(3名)
 ・予約B:<グループレッスン>made by hand(4名)  

    6月1日(金)ジュート麻のワークショップ  
DSC_3266.JPGDSC_3496.JPG













麻玉プロジェクト(いしだあさこさん)
麻玉にいろいろな植物を包んでみましょう。
作り方と管理・室内プランツとしての提案します。


6月2日(土)手紡ぎ糸で編んでみる
DSC_3353.JPG
 ラムサ編みミニマフラー またはカウル   
 時間:1:00〜16:00
 参加費:¥3000
 材料費・別途  手紡ぎ糸などご持参ください。
         リネンの引き揃えも面白いかもしれません。
 持ち物:毛糸に合わせた棒針 ハサミ

 予約:ms.IMAI 

DSC_0330.JPG
 6月2日(土)予約講習(ms.TAKEUCHI)11:00〜
     *染色講習(コリデール洗毛のマダラ染め)
     *手紡ぎ講習(手編みのための手紡ぎ糸双糸)         

    6月3日(日)素材つくりから始めるオリジナル糸(odoradeku) 11:00〜15:00
DSC_3356.JPG ・素材を選んで  ・バッツつくり
  ・テクニックを取り入れて 
  ・スピンドル・紡毛機で紡ぎましょう。
  (スピンドルはご持参。紡毛機は工房のもの。)
  参加費:¥4000
  材料費:¥1000(自由にお使いいただけます。)
  持ち物: 使ってみたい繊維・布など ・昼食・飲み物
  予約 : ms.IMAI ms.MASTUMOTO



オープンアトリエの期間中 いつでも 見学(見たり体験したり)できること
     *織りフェルトのバッグとマフラー(ホームスパンテクニック講座)の展示
     *ハンカチを織る他 お尋ねください。
     *繕いコマ・タクリ・ターキッシュスピンドルなどの展示予約販売


続きを読む >>
| grass-heart | オープンアトリエ | 07:00 | - | - |
オープンワークショップ:フィンランドの手仕事・TAKKU
雨が降り続いた GRASS HEARTのオープンアトリエも 今日で最終日日です。
体験やワークショップに力をいれ 楽しいこと始められるようにと私も楽しんできました。

今日は TAKKUのヘイディさんのワークショップ”サーミブレスレット”と針で編むノールビンドニングの基礎を習います。
       サーミブレスレットの 参加者が揃ったところで 自己紹介です。
DSC_2446.JPGDSC_2444.JPG


DSC_2448.JPG

 完成しました!


DSC_2455.JPG


いまは ノールビンドニング
DSC_2454.JPG

DSC_2453.JPGDSC_2457.JPG


底が編み終わった時点で珈琲タイム。完成して帰れないようです。
糸は コードを包むようなしっかりとした糸で本体を編みます。編み目はきれいにかっちりと編まれバッグには良いでしょう。思いのほか小さくてかわいいのでした。 完成できなくても楽しかった!のでした。
| grass-heart | オープンアトリエ | 04:28 | - | - |
オープンアトリエ・籐の編み組講座(宮國浩美さん)
             今日も 雨! GRASS HEARTのセンスを籠 にと! 創ります。
DSC_2431.JPG

寂しいというかラッキーというか 参加者は一人です。個人講習になりました。ラッキーですね。

DSC_2433.JPGDSC_2434.JPG


プレートを創ることの中に 籠を作れるようになるまでの知識と技術の基本が すべて込められているワークショップになりました。

DSC_2435.JPGDSC_2436.JPG


今日の事 プレートを見るたび使うたび思い出しますね。
| grass-heart | オープンアトリエ | 07:20 | - | - |
オープンアトリエ・棉を紡ぐ
今日は棉を紡ぐ予定なのですが‥‥雨ですね・・・・・関係ありませんが。
ラフィアの完成や織物の完成をといろいろでした。
DSC_2426.JPG
 シェットランド5色を
 初めてペガサスで紡ぎ終わり、織ったのです。

 紡いだ糸がどうなるのか 想像もしていない。
 とても良い感じだと思います。

DSC_2428.JPG
 ラフィアも完成させつつ
 
DSC_2427.JPG

 いろいろなことをしていたので
 棉繰りからできませんでしたが
 スピニングパーティーで見つけたきつつき工房の
 チャルカの紡ぎを体験していただきました。
DSC_2424.JPG
| grass-heart | オープンアトリエ | 18:10 | - | - |
オープンアトリエ・手紡ぎすることについて
今年は アルパカとあまり紡いだことのない羊毛を取り上げていました。
受講される方の興味や 一通りの 羊毛を紡ぎ復習のための紡ぎもしました。
また fiber・糸の事では 糸の状態を変化せたり 紡いだ糸で何か作ったりしました。
最近藍染の羊毛を手にしたので 紡いでみました。下の表は 藍染サフォークとアルパカ白を 同量で紡いだサンプルです。
DSC_2412.JPG
 最初は 素材を触っても知っている毛糸のイメージで
 とらえます。
 手紡ぎし始めますと
 羊毛に種や質などが多種多様あるのに驚きます。

 一般的に 経験のある人の知識で紡ぎ始めます。

 手紡ぎの経験をした方
 自主制作をしている方たちが集まり
  fibe・糸のことを始めました。

 紡いだ糸の事とや素材の事テクニックの事などの
 経験を何かしながら 
 疑問や興味・自分のしていることなどを知らせ合う。

 今年グラスハートは アルパカを取り上げてきました。
 そして藍染羊毛サフォークも手に入り 紡いでみたのが
 左の表です。
 紡いでみると いろいろな発見やひらめきが得られます。
 
 
主に手編みするための糸を紡ぎましたが 織り糸についても サフォークにアルパカを混ぜるのが正解かどうかはわかりませんが お互いの特徴を生かすブレンドをして好きな感触の糸を紡ぎ出すことが出来ます。
DSC_2413.JPG

 アルパカの白とサフォークの藍染(中色))を
 ハンドカーダーで カーデイングします。

 糸は混色されますが
 ネップができると サフォークは藍色のネップ
 アルパカは白いネップが出来きて 
 ネップはそのままにカーデイングして紡ぎます。

 そうすると画像の様に 白と藍のネップは
 取れにくくなります。

藍染サフォークとアルパカ茶の割合を2:1で カーデイングした糸です。
 午後から アルパkの茶とサフォークの藍染を紡ぎ出しました。
 画像の色は 明るすぎます。(電気の下なので)
  サフォークは良い糸にするのが難しいです。
 茶のアルパカをブレンドしたら 艶のある糸になりました。
編み地も双糸ほそめでサフォーク100%よりもより良い感触です。
お互いの短所を長所が補い合っています。
色は 実物のほうが 良いような気がします。茶色がかった藍色ですが 紫色のようにも見えます。
DSC_2422.JPGDSC_2423.JPG


*工房には アルパカの白、茶色、藍染したテクセル、フィンシープなど少しずつですが 販売しています
 お試しください。
 
*今日も午後1時から オープンします。やっと晴れたので いろいろ用事!
 

昨日は 糸の絵を描いていらっしゃる方が 羊毛を紡いでみようと思いますと訪ねてくださいました。
とても素敵な感じです。毛糸玉を描くんです。来月からスピンドルで紡ぐことになりました。
お家には 羊毛と織り機があるそうなんですね。ですから 絵を描いていても 気になっていらしたのでしょう。

今日の午後は 相馬さんが スピンドルをもっていらっしゃいました。
木製のスプーンスピンドル‼です。安定してよく回りました。カワイイのです。
お話ししていて感じたことは  初めて糸を紡ぐ方々を大切にしているのですね。
DSC_2418.JPGDSC_2421.JPG














次の企画は スピンドルをもってお花見!見たいなことをするらしいです。 

fiber→  spining →  yarn → knit&weav



| grass-heart | オープンアトリエ | 05:29 | - | - |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ grassheart web shop
http://grassheart.shop-pro.jp/
+ TAGバッジ
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE