workshop GRASS HEART

染、紡、織、編の工房の日々_______Tel/Fax 03-3776-2784_______Mail: grassheart@nifty.com
オープンアトリエ・手紡ぎすることについて
今年は アルパカとあまり紡いだことのない羊毛を取り上げていました。
受講される方の興味や 一通りの 羊毛を紡ぎ復習のための紡ぎもしました。
また fiber・糸の事では 糸の状態を変化せたり 紡いだ糸で何か作ったりしました。
最近藍染の羊毛を手にしたので 紡いでみました。下の表は 藍染サフォークとアルパカ白を 同量で紡いだサンプルです。
DSC_2412.JPG
 最初は 素材を触っても知っている毛糸のイメージで
 とらえます。
 手紡ぎし始めますと
 羊毛に種や質などが多種多様あるのに驚きます。

 一般的に 経験のある人の知識で紡ぎ始めます。

 手紡ぎの経験をした方
 自主制作をしている方たちが集まり
  fibe・糸のことを始めました。

 紡いだ糸の事とや素材の事テクニックの事などの
 経験を何かしながら 
 疑問や興味・自分のしていることなどを知らせ合う。

 今年グラスハートは アルパカを取り上げてきました。
 そして藍染羊毛サフォークも手に入り 紡いでみたのが
 左の表です。
 紡いでみると いろいろな発見やひらめきが得られます。
 

主に手編みするための糸を紡ぎましたが 織り糸についても サフォークにアルパカを混ぜるのが正解かどうかはわかりませんが お互いの特徴を生かすブレンドをして好きな感触の糸を紡ぎ出すことが出来ます。

*工房には アルパカの白、茶色、藍染したテクセル、フィンシープなど少しずつですが 販売しています。
 お試しください。
 今日は 藍染羊毛とアルパカの茶色をブレンドして とても良い色を作りたいと思っています。

*今日も午後1時から オープンします。
| grass-heart | オープンアトリエ | 05:29 | - | - |
オ―プンアトリエ・ケイティールーム
ケイティールームを展示し 体験していただこうと思っています。整経からはじめ 講習しながら進めました。
左は 機掛け中   右 講習中です。
DSC_2417.JPG

経糸・絹   緯糸・シルクウール
DSC_2414.JPGDSC_2415.JPG


テーブルルームのタイプで 織り幅30cm 8枚綜絖です。メイプルセンターでは 昨年10月から講座が始まりました。複雑なように見えますが 織りの基本は学びやすいのです。小さいのでそれなりの事はありますが 織っているうちに自分の使い方も工夫すると良いと思います。
| grass-heart | オープンアトリエ | 20:58 | - | - |
オープンアトリエ(フレーム織り)
オープンアトリエの1日目は フレーム織り機のデモンストレーションをします。
この織り機は もう製造されていませんが 私がお知らせお伝えした方は100人以上はいらっしゃいます。
持っていらっしゃって 使い方がわからなくなった方々と フレーム織りを楽しむ会をしたいと思って始めます。
    (持っていらっしゃる方、どこかにあるはずという方は どうぞ探して織りましょう。)
DSC_2408.JPG

今日は 都合により 午後1時から オープンします。興味のある方はどうぞお訪ねください。5時までしています。
(これからは不定期に あるいは相談してフレーム織り機の会をします。)
DSC_2409.JPG
 
 目と段の数を合わせ
 鎖目を引き抜きながらとじハギします。

DSC_2410.JPG




 アルパカハーブ染の大判三角ショールにします。
 全部で55枚。
 正方形のブランケットにするには100枚。


 赤いほうは 手提げ袋にします。
 オープンアトリエ期間中に仕上げるようにします。
| grass-heart | オープンアトリエ | 09:33 | - | - |
オープンアトリエ 2017 7月4日〜
DSC_1735.JPG
時節は 梅雨真っ最中、今日はなんと台風が接近
東京は夕方から 雨風が強くなるようです。

今日 おでかけくださる方はどうぞ気を付けて


DSC_1739.JPG


7月4日(火)衣食住を健やかに(マルシェではないのですが)
      北海道の栄養たっぷりの豆(5種類)も お勧めです。
      グラノーラ(静岡・HONDAKEN)
DSC_1740.JPG  地球は 正しく回っているかしらと懸念しながら
  人々は自分の思い通りにしたいと生き 疲れ果てています。

  人の心の美しさ 切なさにに感動し
  人の行いの醜さに 激怒します。
  人間だものしょうがないのか・・・
  自然体とか あるがままとか ほんとはどんな状態なのか
  知らないのかもしれないと思います(自愛してください)

  手の仕事をしているのですから 頭で考えないで 手で考える。

  ”カイユ”のハンドマッサージがお勧めです。
      全身のバランスを整える自然療法です。
   深いリラクゼーション効果が得られるとともに
    ご自身の自然治癒力が促進されます。 

7月5日(水) ラフィアクラフトを楽しむ
                  ラフィアン
DSC_1743.JPG

  メイプルカルチャーセンターの講座を受講された方々は
  4年以上もラフィアクラフトを続けてくださり
  (工房が移転する前からですから)
  それぞれに オリジナルな作品を創るようになりました。

  今年のスピニングパーティーでは グラスハートと共に
  ブース参加します。
  いつもラフィアを目にし手に取るように親しんでいただきたいと思い
  オープンアトリエでも少し展示しています。



  下画像  右のチャームは NZマオリ族の石のお守り 
  彫りがほどこされています、石には穴が開いて今るので
  ラフィアがアクセントのチャームにしました。

DSC_1746.JPGDSC_1745.JPG








 今日のワークショップ

 ミニサイズのスクエアポーチ
 

 3時間程度で完成できる予定ですが
 ハンドマッサージもしたため
 途中です。

 完成したらみせていただきましょう。


今日は 晴れて風も吹いているので 午前中 やっとアルパカの毛を洗い始めました。ただいま漬け込み中
2階のアトリエは・・・ 
   DSC_1744.JPG

 アルパカ ビクーニャの毛と
 徳島の藍染ウールを展示
 触ってみて下さい。
 手紡ぎ糸のクンストレースの
 ミニマフラーなど 展示。
                 

DSC_1747.JPG

 6時間ほどモノゲン液に漬け込み
 洗いました。

 このアルパカの毛は 細く
 ゴミがとれません。
 乾いてから ほぐしながら
 きれいにしようと思います。

7月6日(木)
 昨日の続き 午前中に完成したのです。ラフィアと革はよく合うのです。
DSC_1750.JPGDSC_1751.JPG


DSC_1756.JPG

 アルパカはよく乾いていますが、
 草のごみが なかなか
 紡ぎながら とります。

 このアルパカの毛は 細く長いのです。

DSC_1757.JPG

 フレーム織りは
 いつもできるようにしていきたいと
 思っています。
 今日も 
 フレーム織り機を持っている方が
 ペーパーヤーンとジュートで
 織ってみました。

7月7日(金) 手縫いで仕上げるりネンの丸底巾着  itommo
     布作家の布のこだわり・縫いのコツ・デザインなどを直接習うことは 
     作家の個性をよく知ることが出来 さらに好ましく思えるようになります。
DSC_1775.JPGDSC_1776.JPG










    おまけのはぎれで コースターも縫いました。
    お茶時に使いましょう。


7月8日(土) オープンアトリエ最終日&fiber
DSC_1780.JPG
 先月お渡ししたアルパカを紡いで 
 何かしら創ろうということでした。

 アルパカを紡いだ感想とか
 何を編むとかの事を もっとお話し
 したかったのですが・・・・・

DSC_1781.JPG

 みなさん お話し弾んで 
 手も動きます。

DSC_1783.JPG DSC_1786.JPG










 ラフィアのワークショップとボタン創り。


いま 目の前にあることが これから始まることの予感になれば それもそれぞれの。
そして 今までの感動は 新しいことが出てくると 後退するということを実感しました。前へ。

ちいさな オープンアトリエを楽しんでくださってありがとうございました。
暑い夏休みは 汗をかきましょう。秋にはスピニングパーティーがありますよ。

| grass-heart | オープンアトリエ | 21:00 | - | - |
オープンアトリエ  2017年7月4日(火)〜8日(土) 更新中!
DSC_1613.JPG
梅雨ですから 雨がたくさん降っています。
夏に向かってさわやかな気分を盛り上げたいと 
オープンアトリエします。
今回は
ラフィア コットン リネンなど 
ナチュラルでシンプルな雑貨 糸布素材の展示販売と
ワークショップをします。

オープンアトリエのスケジュール
  7月4日(火)〜8日(土) 12:00〜18:00 
          のんびりとオープンします。

ワークショップ
7月4・5・6日 下記ABCDは 期間中いつでも! メールで ご予約ください。
DSC_1599.JPG
 A:ターキッシュスピンドルで紡ぐ。
  * ワークショップ(ファイバー付き) ¥3000
     コットン・アルパカ・細番手ウール

  * ターキッシュスピンドル(crando)
      (リネンの袋入り 限定4個) ¥5000   

DSC_1603.JPG
 B:ラフィアのスクエアポーチ 
   参加費:¥4000(材料費込み)
   予約優先(7/5 YASUDA 7/8 SATO ,KAWAI:

 C:ニッターズルームで ミニクロスを織る。
   参加費:¥3000(材料費込み)

 D:フレーム織り:ミニタオル
       ¥2500(材料費込み)


7月7日(金)1:00〜4:00 *手縫いで仕上げるリネンの丸底きんちゃく(itommo )
itommo丸底きんちゃく.JPGエプロンベストitommo巾トートと.jpg













 手縫いで のんびりチクチクと仕上げましょう。
 今回は リネンの布なので お弁当袋などに
 また 持ち手は トートにもなりますので
 ご希望のほうをお知らせください。(巾着2   トート2)

  ・ご持参いただくもの:裁縫道具(針・待ち針) ・参加費:¥3000  ・材料費:¥900
  ・予約優先(oobayashi,shimada,hori 


ヒツジ 7月8日(土) * fiber・糸のこと集まり  お時間がありましたら どなたもご参加ください。  
 ・ホームスパンテクニック講座森先生からのお知らせ(機銑犬旅嶌造忙臆辰気譴進へ)もあります。
 ・アルパカ・ロマノフなどの展示
 ・スピニングパーティーの事など
   
DSC_1520.JPG  展示販売は 
     *布もの itommo 
     *リネンやコットンの雑貨
      (織り道具や ラフィア入れの袋)
     *ソーイングセット
     *かごぼっこ(宮国さん)の籠バッグ
DSC_1700.JPG












*ラフィアのバッグ・雑貨・
 生成りラフィア・染色ラフィア

*珈琲麻袋のマルシェバッグ  なども展示販売します。


ハート リラックスタイム・ハンドマッサージ
  ”トータルケア カイユ”では 出来るだけ薬や病院に頼らない 心身ともにすこやかで自然な生き方を
   望まれる方を応援し 一緒に学んでいきたいと考えています
カイユIMG_3997.JPG
 ハンドフレクソロジーとは
 手の反射ゾーンを優しく刺激することにより
 全身のバランスを整える自然療法です。
 深いリラクゼーション効果が得られるとともに
 ご自身の自然治癒力が促進されます。 
   7月4日〜8日 1:00〜17:00  予約優先です。
   マッサージ料:¥1000(20〜30分)   


カフェ ちょっと一息 珈琲・グラノーラ!
DSC_1606.JPG グラノーラ:Honda-ken
  原材料は 有機オーツ アーモンド かぼちゃ種 ピーカンナッツ 有機護摩 
  ピスタチオ ココナッツ カシューナッツ  北海道全粒粉 ドライバナナ
  ドライアプリコット など を用いて  じっくりと調整されています、

 ・ココナッツグラノーラはオーガニックココナッツオイルとココナッツミルクで
 ・ナッツグラノーラは オーガニックメイプルシロップで
 ・ハニーグラノーラはクリームはちみつで
 ・ココアグラノーラはオーガニック名刺プルシロップときび島糖で
 ・深煎珈琲を召し上がっていただけます。 



| grass-heart | オープンアトリエ | 06:00 | - | - |
オープンアトリエ 5月4日
DSC_170504-1.JPG
羊毛と棉とアルパカを紡ごうと オープンアトリエをしていました。

今日は 
アルパカを紡ぐためにはどんな感じがいいのかと
紡毛機をいろいろ試してみて エリザベスでの紡ぎを2日間したIさんは 
電動紡毛機での調整をしてみるのです。
コロラドのアルパカは 繊維が長く細いのですが
作品を創るための糸は どのくらいの状態がいいのかと
紡ぎ方撚り合わせ、太さなどを変え手紡ぎます。

棉を紡毛機で紡げるかと Eさんは ローズとペガサスで紡いでみて
家の紡毛機での棉紡ぎをします。

同じ繊維を 違う紡毛機で紡ぐとやはり多少違いが出ます。
自分にとって良いものが わかればよいですね。
いつも使っている道具をいろいろに使えるようにするには
作りたい糸をイメージして 道具を変え紡いでみると 
家にある紡毛機でも そのように紡げるよう調整できるものです。
うまくいかない場合もありますが 

その時持っている紡毛機の短所・長所もわかりますし違う紡ぎ方もできるようになっているでしょう。

アルパカのフレーム織りの三角ショールはいつも時々 展示するのですが 
          今はアルパカを取り上げているので見ていただいています。
                  そしてフレーム織りにも興味をもっていただきたいと思っています。
DSC_0504-2.JPGDSC_170504-4.JPG


棉は いつもタクリで練習していますと良い糸が紡げるようになります。
紡ぐこと自体もとても楽しいのですが 紡いだ糸を何かにするともっと嬉しくなるので ハンカチを編んだり織ったりするのを勧めています。
棒針は かのこ編み かぎ針はワッフル編みがかわいいのです。縁かがりで変化を付けます。ハンカチをたくさん作って 染色のサンプル染めに使っている方もいます。バラのハンカチとか藍染のハンカチとか 想像しただけでしてみたくなるでしょ。
DSC_170505-3.JPG

| grass-heart | オープンアトリエ | 22:51 | - | - |
オープンアトリエ 5月3日
DSC_170503.JPG


 今ここでと集中しながら
 素材と道具とテクニックを探します。

 小さなspining partyです。


 あとかたずけして
 また明日。

| grass-heart | オープンアトリエ | 23:44 | - | - |
オープンアトリエ 2日目
現在のグラスハートは 家状態なので いつでも何かを観たり探したり話したりできないのです。
講習日は決まっていますので 気軽に訪れる日があってもいいのではないかと オープンアトリエとして簡単なワークショップや体験ができるようにすることにしました。
DSC_170502-4.JPG
  染色講習の経過をもっ
  て訪ねてくださったNさんは
  紡いだ糸とマフラーを
  もって見えました。

  番手は 仕上がった糸に
  対しての計算結果で
  見た目とは違う感じが
  する場合があります。

  ふくらみとは?とか 
  撚りのかけ方は
  自身の身体から 生じてくるもので
  ひたすら 紡がなくては・・・・
 

 
DSC_170502-1.JPG


 とても柔らかいアルパカ
 130gしかありませんので 
 全部混ぜて 双糸にします。


DSC_170502-2.JPGDSC_170702-3.JPG















 ペガサスの調整の仕方も。単糸の時の回転差を考えます。

| grass-heart | オープンアトリエ | 23:45 | - | - |
フェルトの鳥(felt-m) オープンアトリエ
DSC_1067.JPG

2月のオープンアトリエ最後の日

felt-m イワタマユミさんのワークショップ
”フェルトの鳥”

酉年なので・・・  
干支の鳥とはイメージが違うのですが

飛ぶ鳥を。






完成後 みんなで飛びました。

DSC_1071.JPG
| grass-heart | オープンアトリエ | 16:40 | - | - |
ワンハンドルバッグ ワークショップ(itommo)
DSC_ミシンワーク.JPG

 オープンアトリエも大詰めになりました。

 左画像 

 atlier hanmyoさんのナバホスピンドルの袋と
 itommoさんのワンハンドルバッグ

 コーディネイト 良し!と思うのです。

 今日は ワンハンドルバッグ 創ります。

DSC_ミシン1.JPG

 ミシンの調整も よしよしです。

DSC_ミシン2.JPGDSC_ミシン3.JPG


DSC_ミシン4.JPG

 今日のポイントは 布の下準備です。

 ですから 縫ったら
 一気にひっくり返し
 形を整え 完成です。

DSC_ミシン5.JPG

 勢ぞろい!!! 

| grass-heart | オープンアトリエ | 19:18 | - | - |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ grassheart web shop
http://grassheart.shop-pro.jp/
+ TAGバッジ
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE