workshop GRASS HEART

染、紡、織、編の工房の日々_______Tel/Fax 03-3776-2784_______Mail: grassheart@nifty.com
草心舎(郡山)11月
DSC_2624.JPGDSC_2629.JPG








10月は 作品展でした。
毎年 開催するというのは、皆さんの気持ちが
一つにならないとできません。
そして 毎月講習会に参加するということも。
それぞれに 何かを思い合ってされていきます。
作品に何を見るかというと 心をみるのでしょう。

今月からは 手紡ぎに力を入れていきます。
右の長い織物は 練習した手紡ぎ糸を織ったものです。


DSC_2625.JPG

 手仕事をする自分の時間は
 そんなにたくさんあるわけではないのです。
 手仕事をするのが楽しいので、
 少しの時間でも 楽しみます。

DSC_2626.JPG

 アルパカや藍染の糸を 紡ぐのも。

 レースを編むための色の配分を考えて
 紡いでいます。

DSC_2628.JPG

 アルパカのグレーと茶で紡いだ
 ニット用のラフな糸。

| grass-heart | 草心舎(郡山) | 23:39 | - | - |
第8回 草心舎作品展(郡山) アトリエかしわ
DSC_2347.JPG


  草心舎作品展
  始まりました。

  10月5日〜8日
  10:00〜17:00

 少し寒くなってきました。
 身も心も 暖かいものを。

DSC_2313.JPG

糸紡ぎは スピンドル 紡毛機で体験できます。ぜひ!楽しんでください。
DSC_2345.JPGDSC_2346.JPG


| grass-heart | 草心舎(郡山) | 10:56 | - | - |
草心舎(郡山)8月
気象状況不安定の夏でした。久しぶりに 行くぜ東北の感じです。どのように工夫して自分のしたいと思っていることを続けていくかは 過酷!?な状況になればなるほど はっきりしてくるものです。
DSC_草心8月4.JPG

 織れるようになりますと
 各自の手織りの方向性は 
 自然に決まってきます。 

DSC_草心8月5.JPG
 2017年1月から 受講しながらも 作り続け 
 10月の作品展の計画を決めていくことが出来ます。
 
 皆さん方で話し合い のんびりしながらも
 充実した作品を見せていただきました。

羊毛を用いながら もう一歩すすめたいと思っていることは 手紡ぎとフェルトです。
今日は 材料だけで出来る フェルトをしたいということになりました。
DSC_草心舎8月1.JPG
 布フェルトです。
 ウールの色 量 デザイン 摩擦のかけ方など
 形を作っていくフェルトとは 少し違います。

 糸を紡ぐ方法が いろいろあるように
 フェルトの仕方もいろいろあります。

ウールが布に作用するということが どういうことなのか 一番シンプルに ウールの特性がわかる初h的な布フェルトをしました
DSC_草心舎8月3.JPGDSC_草心舎8月2.JPG


布フェルトも 何回も テクニックを含め 自分の想像力と創造力を積み重ねてしていくのです。
| grass-heart | 草心舎(郡山) | 23:49 | - | - |
草心舎(郡山)7月
DSC_1801.JPG
 毎月1回染め・紡ぎ・織りの事
 もう何年も続いています。

 紡ぎ・織りは 継続して 完成していきます。

 毎年 暑い夏が来て 気分は軽く開放的になります。

 今日の講習は 7年ぶりくらいのフェルトです。

 初めてのフェルトする方のために
 羊毛は40色以上をそろえました。

 羊毛の特性を色と形を変化させるエネルギーで創ります

紡いで編む方は 一人しかいません。それもクンストレース。とても大きいものです。イメージ力と技術力と集中力がすごいです。(このレースは 直径2mくらいあります。)もちろん 普通のニットも編みます。
DSC_1798.JPG
2017年の10月の作品展のためにも 手織の作品は織りためています。
DSC_1802.JPG
 ブランケット

DSC_1809.JPG 
 ブランケットと
 ノッテイングのシートクッション
  
きょうのワークはフェルテイングです。
DSC_1803.JPGDSC_1811.JPG
DSC_1805.JPG
 

DSC_1807.JPG


 フェルトは
 実用的なものから 芸術的なものまで
 形としてあらわすことが出来ます。 

続きを読む >>
| grass-heart | 草心舎(郡山) | 22:06 | - | - |
草心舎(郡山)㋅
時間と空間を移動しながら 手仕事ができることをとても充実してできるのが新幹線に乗っている時です。
決められた時間内 1分1秒を感じながら 手を動かすその時は とても居心地が良いのです。
ふと窓に目をやると 景色がどんどん変わります。・・・と毎月 郡山草心舎に通います。
DSC_1582.JPG  



  もうすぐ 郡山 

5月までの課題 ウールと棉麻のいとで織るもの
DSC_1589.JPGDSC_1595.JPG


  ラグなどを織るために


DSC_1593.JPG


 ハンカチのための糸を
 棉
 麻などを組み合わせてせて。

 平織も綾織りも
 すてきなハンカチになります。
 

DSC_1596.JPGDSC_1590.JPG


今月の課題は のっていんぐでした。
10月は 草心舎作品展が ありますので ひとり一人の織る作品についての相談もしました。
| grass-heart | 草心舎(郡山) | 21:20 | - | - |
草心舎(郡山)
日本中が かなりの雨に見舞われ、郡山も昨日はすごい雨だったようです。東京とくらべるとやや涼しい感じです。いつもより人参加者数は少なくて 穏やかな感じで講習できました。
DSC_1414.JPG


 5月の課題は 
 麻・棉の細番手を織ること。
 ハンカチ 手ぬぐい マフラー 
 ショール
 キッチンクロスなどに。

DSC_1415.JPG




 筬 6/C を使います。
 4/Cのマルハでもよいことにしますが、
 綜絖を足します。
 ケイテイールームは織り幅30cmなので 
 合計180本 または 240本。
 組織はアレンジがしやすいローズパス 平織も織れるように。

warp facet と weft face
DSC_1404.JPGDSC_1405.JPG


モヘアとシェットランド混毛 単糸。 右は ベージュがキャメル、羊毛を染め分け紡いで縮絨。
DSC_1410.JPGDSC_1407.JPG


DSC_1403.JPG
 アルパカを染め分け
 ビーズを入れたレース。

DSC_1418.JPG




 シルク混羊毛 12番手
 
 レース用

 作品のために紡ぐ
 かなりすごいです。

DSC_1416.JPG

 レースの糸を紡ぐために
 手作りの電動紡毛機と
 東京手織り機の紡毛機

 左のファイバーは
 コロラドのアルパカ
 細く柔らかく毛足が長いです。
| grass-heart | 草心舎(郡山) | 23:42 | - | - |
草心舎(郡山)4月
郡山草心舎へは 東北新幹線で通っています。 往復約3時間ほど車中にいます。
早朝は 空いているので 手仕事スペースとして かなり集中して 考えたり創ったり出来ます。 
DSC_1253.JPG
 車中で使う 道具など。
 ノールビンドニングをしてみようと
 思っています。

 講習は
 組織織りのほか
 手紡ぎ
 ラフィアなどをします。

DSC_1257.JPG

 今日の課題の整経から織る
 説明の後
 自分のすることを始めます。

DSC_1258.JPG
 先月の課題など。

DSC_1260.JPG

 手紡ぎは 紡毛機の調整
 カーディング 紡ぎと家で紡ぐときの見直しを常にします。

 午後2時ごろから 
 ラフィアを 始めます。テープの編み方から

 いつもしないことをして
 主に手を使うことは
 ちょっと気分を変え
 気持のマンネリを立て替えてくれます。
 
 衣食住のものは手仕事で創られます。

 素材は なんでも感触があり
 自分の好み(意識)をはっきりさせてくれます。
| grass-heart | 草心舎(郡山) | 23:17 | - | - |
草心舎(郡山)3月
あれから6年 さらに優しく強くなった草心舎のメンバーは 新たに参加されたかたを交え 
                              今日も張り切って紡ぎ織ります。
DSC_草3月1.JPG
 今月の紡ぎと織りの課題です。

 手紡ぎは カラーブレンド
 カラースライバーを使って
 色を作り出します。


 単純なweft face で 
 ガラを組み合わせ織ります。

DSC_草3月本名.JPGDSC_草3月酒井.JPG











リジット織り機で織ったマフラー 。
引き返し織りや 強い撚りの糸を織り込んだマフラー。


DSC_草3月阿部.JPGDSC_草3月遠藤.JPG
 先月の課題のrose pathの
 マフラーや織り布


DSC_草3月渡辺.JPGDSC_草3月田原.JPG


DSC_草3月白木澤2.JPGDSC_草3月白木澤.JPG


 rosepath の展開

 どんなふうに
 織り続けるかを
 考えたりするのも
 楽しいです。


今日は 郡山市の石筵ふれあい牧場の主任動物管理員の方が ふれあい牧場の羊の毛を染めたものや ニードルフェルトのクラフトこものをご持参で 見学にいらっしゃいました。
DSC_1119.JPG
 牧場では 30頭余りの羊を飼育し
 羊毛は 破棄されるところ
 観光にいらした方々に楽しんで
 いただけるよう
 洗い 染めたり紡いだりを
 楽しんでいただけるように
 しているそうです。

DSC_3月郡山.JPG


 ついに 今年は 毛刈りを体験できそうです。
 
 郡山駅 新幹線改札口を上る階段は 花です 





| grass-heart | 草心舎(郡山) | 23:10 | - | - |
草心舎(郡山)12月
作品展の前後は やはり にぎやかに新しく始める方も いらして 会員が増えました。今月は13名出席です。
DSC_草心?.JPGDSC_草心3.JPG
 年の最後ですから 
 やや緩やかに 
 リジット織り機で織る 
 新しい糸で織りました。
 テーブルルムの新しい方2名 
 手紡ぎの復習などをしました。






 色を楽しめる また自由に組み合わせる 
 経て緯引き返し織りをしました
 


DSC_草心?.JPG
  テーブルルームで 基本を織っている方も
  引き返し織りを入れるとどうなるかと織って
  みました。

  若い方は 反応が早いですね。

今年も1年 あっという間でした。参加してくださる方が 多かったので 共有,共感、また違う考え方、表現などがみえてとても良い1年でした。
DSC_草心4.JPG

 郡山駅前も 明るくきれいでした。

 この夜景を何年も見ています。
 また来年もよろしくお願いします。

| grass-heart | 草心舎(郡山) | 18:46 | - | - |
草心舎展 初日
DSC_草?.JPG
草心舎は 2006年から 毎月1回 卓上平織機(リジット織り機)を使っての手織りの講習会から始まりました。
最初は4名の方から始まったのです。
いままでに何人もの方が参加し 現在は13名の方が 在籍し 平織機 多綜絖織り機 手紡ぎと楽しんでいます。
織れば織るほど 興味がわき10年たっても まだ楽しめるのです。
まだまだもっと 織りたい 創りたいと 毎年作品展を開催しています。
私はうれしいなぁと喜んでいます。
アトリエ かしわは 柏屋(開成)さんの2階です。
開成店では 美味しいケーキと和菓子で 休憩もできます。
お茶は無料だそうです。
郡山 福島 仙台の方もどうぞ 1日ゆっくりご覧ください。

・受付では 草心舎の入会、ワークショップの予約など受け付けています。
・8日は 卓上多綜絖織り機の公開講習をします。
・作品展の最後10日は 紡ぎ・織り・編みのワークショップをします。(スピンドルで紡いだ糸を編んだり織ったりもできます。)
・展示は 手紡ぎの織物と編みもの手紡ぎ糸を展示します。 


| grass-heart | 草心舎(郡山) | 06:00 | - | - |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ grassheart web shop
http://grassheart.shop-pro.jp/
+ TAGバッジ
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE