workshop GRASS HEART

染、紡、織、編の工房の日々_______Tel/Fax 03-3776-2784_______Mail: grassheart@nifty.com
草心舎作品展・アトリエ かしわ
workshop GRASS HEARTの 毎年のテーマ ”ハンカチを織る” 草心舎の展示で続けて良かったと。

DSC_0308.JPG
 

  ”ハンカチを織る”

 


DSC_0305.JPG 会期中 良いお天気に恵まれて 
 沢山の方に ご来場いただきました。
 まことに ありがとうございました。

 毎年の作品展は いそがしいのですが、
 今!ということで 続けています。

 年々の成果が一人ひとりのものです。

 アトリエ かしわ は
 郡山の柏屋さんの思い入れのあるギャラリーです。
 此処での作品展は 良き思い出となると思います。

 来年の第10回作品展を目指して
 歳を重ねた 喜びを
 染め・紡ぎ・織り・編みと楽しみ励みます。
       草心舎・ workshop GRASS HEART 






| grass-heart | 草心舎(郡山) | 23:58 | - | - |
草心舎(郡山)
DSC_0191.JPG

第9回 草心舎作品展が 10月4日〜7日 開催されます。

講習会が数人で始められました。
リジット織り機からはじめ スピンドルで紡ぎ
 
4枚綜絖織り機 紡毛機で紡ぎ
8枚綜絖織り機でさらに組織織りを楽しみ

毎年作品展を重ね 自身の楽しみを高めてきました。

糸を紡いで織ることの楽しさを 
これからだとさらに燃えています。  

DSC_0189.JPG

 ウールもカシミアも
 織り 着こなしています。

 自分の好きなものを
 周りの方々に 喜ばれるようにと。



DSC_0192.JPG

 綿・麻は 難しいのですが
 実用的なものを織ります。

DSC_0195.JPG
今月は いよいよと紡いで織ることに
積極的に取り組みます。
個人的にも揃えている方もいますが 草心舎で
ドラムカーダーとブレンディングボードを備えました。

いつも紡ぎをしていくため 道具の使い方を基本に
作品展で 展示できるよう 素材を整え
手紡ぎします。

DSC_0207.JPG
 楽しい糸

DSC_0205.JPG
 レース用のアルパカ・スリの糸

DSC_0199.JPGDSC_0208.JPG

 ブレンデイングボードは 簡単なようですが
 慣れるまでは 何回も使ってみます。

 基本は 素材のきれいな色
 質感を表せるようにブレンドします。

 素材や色によって とても美しいもロールが出来ます。

 また 手紡ぎのテクニックもいろいろ使いやすいです。




| grass-heart | 草心舎(郡山) | 23:47 | - | - |
草心舎(ドラムカーダーとブレンデイングボード)
もうすぐ(10月)草心舎作品展です。
今日は みなさん集まって おしらせのDM用 作品撮影などのため自主的な実習日です。
DSC_0153.JPGDSC_0154.JPG
 今年の春夏のための
 綿糸・麻糸を決めました。
 作品展のためのものを
 織りながら 
 小物の制作もしています。


左:細いカラーリネンと自然色のリネンを織ったたもの 布としてデザインリジットで織りました。
右:手紡ぎは ホームスパンを目指してマフラーのための糸を紡ぎ織り・縮絨したものです。コツコツと続けました。
DSC_0151.JPGDSC_0155.JPG


早めに 撮影が終わったので カーデイングワークショップをはじめました。  
DSC_0150.JPG


DSC_0152.JPG
 スカード、カラー羊毛の混色などをカーデイングし
 ロール・バッツをつくり紡ぎました。

 羊毛を整えるだけではなく 色をミックスし
 羊毛種 他素材を混ぜた ファンシーあるいは
 アートな糸を紡ぐ楽しのは とても楽しいです。

 
  セミ梳毛を紡ぐのには
 ドラムカーダーで整えたものが
 よいとわかりましたね。

紡毛機の様に ドラムカーダーも 一人1台がベストですが 草心舎の方々数人で使えるようにもできました。
| grass-heart | 草心舎(郡山) | 23:56 | - | - |
草心舎(郡山)7月
DSC_3736.JPG

 郡山駅1階広場 天井からつるされた 七夕の飾りでしょうか。
 夏が始まり ふるさとへ 落ち着いて またはわくわくと
 みんなを迎える準備。

 いつも 迎え 送り出す郡山の玄関。

 そのことをいつも感じます。

 駅も 付近もあの時からさらに居心地よく
 きれいに整えられています。

先月はコットンのハンカチ 今月は リネンのすずしげな 手提げ袋の布を織ります。
DSC_3743.JPG

 手紡ぎ糸のミニマット
 緯二重織
 

DSC_3749.JPG

 肌触りの良いコットンで
 ワッフル織のハンカチ
 ガラ紡を織ったタオル

平織は 原点ですから 組織織りをするようになっても織りましょう。
DSC_3753.JPG
 細いカラーリネンと
 太いリネンを組み合わせ
 スリットとホールの
 組み合わせで工夫し
 布を織ります。

DSC_3754.JPG


 袋に仕立てるには
 薄いオーガンジーを袋縫い
 ミシンで縫いますと洗い織り目も
 収まります。
 ミシンはゆっくりと。

DSC_3752.JPG
 コロラドのアルパカが郡山で育てられ
 紡げるようになってきました。

 紡ぎも織りも編みも楽しみたい方は
 草心舎でお楽しみください。
| grass-heart | 草心舎(郡山) | 20:50 | - | - |
草心舎(郡山)2018年6月
6−3IMG_5217草心舎.JPG 北上の次の日の講習

 先月の織りやすい綿の糸を使って
 平織も組織織りも 沢山の織布が織りあがりました。

 テーマは ハンカチでしたが
 組織織りの方は 
 自分だけの ハンカチを織りました。

 模様と色の勉強のような とても楽しい布です。

 一生の間にすべて織れるわけではないのですから
 織りたいもの好きなものなど 主に糸を使いこなし
 テーマ(何に使うかを考えて)のために織りましょう。

 サンプルとしていつも使っていくうちに
 いろいろと活用されるでしょう。



6−2IMG_5216草心舎.JPG6−1IMG_5215草心舎.jpg


今月の課題は 緯二重のミニマット~ラぐまでの組織。来月またたくさんの作品が見られます。 
| grass-heart | 草心舎(郡山) | 23:00 | - | - |
草心舎(郡山)5月
DSC_3388.JPG

4月は 何かと予定が入り 2か月ぶりの講習会です。4月は自主制作に励み今月の参加者と作品数は 多。
3月はシェットランドの部位別をしていよいよ手紡ぎして織っていく ホームスパンを目指していくようです。
宿題は アルパカとポロワスに混毛割合で 色も変わってきます(グレーのアルパカと白のポロワス)サンプルなので 紡いだ糸を全部織る編むことにしました。風合いの違い色の違いなどわかるでしょうか。
DSC_3376.JPGDSC_3378.JPG


DSC_3380.JPGDSC_3382.JPG


DSC_3383.JPGDSC_3381.JPG


DSC_3377.JPGDSC_3384.JPG


DSC_3389.JPG
 1か月に1回の講座日は
 全員が同じことをするわけではなく
 一人一人の課題をしていきます。

DSC_3392.JPGDSC_3393.JPG


DSC_3394.JPG

 今月から7月まで 綿糸・麻で織れるもの
 織りやすいい糸で
 どのくらいお洒落なものが織れるかです。

 多綜絖テーブルルームは 重いので
 リジットでまずお織り、同じ糸を使って
 組織図を見ながら家で織ることもします。

 出席できない方は 織ったものを見せていただいたり
               みなさんの作品を見たり 今月の課題の糸を選んだりします。
DSC_3397.JPGDSC_3396.JPG





いつも 再生 生産 創造です。
いくつもの課題を 例として織り 自分で考え織り やがて自分の織物が出来ます。
参加者が多いと 活気が生まれより良い発想も生まれます。

10月の作品展に向けても 同一テーマで 各自がわかりやすいい織物も織ります。
| grass-heart | 草心舎(郡山) | 23:23 | - | - |
草心舎
2018年3月11日 あの日から7年経ちました。
DSC_3150.JPG
 もうすぐ郡山
 東北へ向かって右車窓の景色。
 今年は暖かいです。
 あの時は雨も雪も降り寒かった。

今 草心舎は 新しく始める人を迎え 淡々とモクモクと そして にぎやかにお喋り 紡ぎ織っています。
DSC_3153.JPG


 様々なことを乗り越えて


 2時46分に黙とうをささげます。

DSC_3160.JPG
 今日は 羊毛とアルパカの混毛です。
 3つの割合で カーデイングし 
 単糸に紡ぎます。

 サンプルとして作ります。

 その後 好みの割合で糸を紡ぎます。

 画像は
 グレーのベビーアルパカとポロワスを
 同量の割合で5番手に紡ぎました。
 

DSC_3157.JPG
 3年ぶりのフリース部位別です。
 1.4kg6人で分けました。

 一人当たりの量は
 洗うと 少しになってしまいます。

 みなさんは 一人でフリースを紡ぐことが大変と思っています。

 何回か繰り返し
 フリースが好きな人があらわれるといいなと思います。

 みんな道具は好きなのです・・・

 これから始まります。

 


| grass-heart | 草心舎(郡山) | 23:57 | - | - |
草心舎(郡山)2018.1月
今年から さらに紡いで織るを中心に講習していきます。
昨年は 単糸の紡ぎをフォローしながらスラブの紡ぎ方を練習しましたた。単糸とスラブ単糸で双糸も作りました。
マフラーに織ってきました。DSC_2936.JPGDSC_2937.JPG


DSC_2938.JPGDSC_2939.JPG


DSC_2932.JPGDSC_2940.JPG


何枚も何枚も織りましょう。


| grass-heart | 草心舎(郡山) | 22:46 | - | - |
草心舎(郡山)12月
今年最後の行くぜ東北!草心舎(郡山)12月の講習会です。
DSC_新幹線の仕事.JPG

 毎月 新幹線の中で
 小さな手仕事をしながら十数年たちました。

 みんなに何を伝えようと思いを巡らし
 手を動かし準備していました。
 
 私にとって 希望や反省点を
 考えることのできる時
 シートに座って移動するのは
 とても癒される時間でした。  


郡山美術館の 絵画展の最中の”スピンドルで糸を紡ごう”の企画で 郡山の人たちも手紡ぎを楽しんでいただけました。 その時から少しずつ羊毛を紡ぎ その糸を編み織ることもしてきました。
DSC_2809.JPG







   縮絨後

DSC_2811.JPG
 紡いだ糸はどんな織物になるのか
 織ってみなければと
 紡いで織ってくるのが宿題でした。
 今日は縮絨です。

 モノゲン液に浸けておいている間
 さらに 手紡ぎの練習です。

 スラブ双糸を紡ぎます。
 細い糸 8番手くらいとスラブ単糸を紡ぎ
 双糸にします。


みなさんが 石の上にも3年と4回繰り返し 月に1回の講習会をどんな時も みんなといられる幸せを感じながら 集まりました。
DSC_2812.JPG
 年末に あらゆることに感謝し
 希望をもって新年を迎えられます。

 ありがとうございました。
続きを読む >>
| grass-heart | 草心舎(郡山) | 23:53 | - | - |
草心舎(郡山)11月
DSC_2624.JPGDSC_2629.JPG








10月は 作品展でした。
毎年 開催するというのは、皆さんの気持ちが
一つにならないとできません。
そして 毎月講習会に参加するということも。
それぞれに 何かを思い合ってされていきます。
作品に何を見るかというと 心をみるのでしょう。

今月からは 手紡ぎに力を入れていきます。
右の長い織物は 練習した手紡ぎ糸を織ったものです。


DSC_2625.JPG

 手仕事をする自分の時間は
 そんなにたくさんあるわけではないのです。
 手仕事をするのが楽しいので、
 少しの時間でも 楽しみます。

DSC_2626.JPG

 アルパカや藍染の糸を 紡ぐのも。

 レースを編むための色の配分を考えて
 紡いでいます。

DSC_2628.JPG

 アルパカのグレーと茶で紡いだ
 ニット用のラフな糸。

| grass-heart | 草心舎(郡山) | 23:39 | - | - |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ grassheart web shop
http://grassheart.shop-pro.jp/
+ TAGバッジ
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE