workshop GRASS HEART

染、紡、織、編の工房の日々_______Tel/Fax 03-3776-2784_______Mail: grassheart@nifty.com
手織を楽しむ供淵瓮ぅ廛襯ルチャーセンター)
DSC_1467.JPGDSC_1468.JPG


DSC_1469.JPG
 完成が前後していて先に進まないように思うでしょうが
 一人一人が 理解することが大切なのです。

 組織に対しての 糸番手 筬密度
 打ち込み など いろいろ織ってみてわかります。

 さらに緯糸の入れ方を変化させてみると良いのです。

 画像が斜めになって撮れてしまいました。
 
 実物は きちんと織れています。

DSC_1474.JPG

 ついでの画像

 プリントの布の袋に
 骨董品やさんで見つけた竹籠。
 お弁当箱でしょうが 道具入れに使います。
 こういうことをして 楽しむのは素敵ですね。

 下は 現代風の裂き織りを 小物入れに仕立てました。

 この裂き布を ポッパナテープにするとさらに違います。

 自分の好みは どんどん変わっていきます。

 作風ができるまで織り続けます。
| grass-heart | 手織りを楽しむ(メイプルセンター) | 19:57 | - | - |
手織を楽しむ 機 淵瓮ぅ廛襯ルチャーセンター)
3月4月5月は みなさま何かと忙しく 作品が前後します。
DSC_170511-1.JPG

 3月のウールミニマット

 4月の裂き織り布

DSC_1705-3.JPG
 5月は夏に重宝 藍染糸で マフラー

 最近は 淡色の藍色がお好みなのですね。

 濃色は 愛の色が付くので・・・・かな。

 来月は 少しずつ残った糸で 
 マフラー
 ハンカチ
 手ぬぐい その他・・・・・

 残り糸で 織るのも楽しいです。
 良い味わいが出ます。

DSC_170511-8.JPG 細い糸をきれいに織りあげるのは
 経験が必要です。

DSC_170511-7.JPG

 段染糸をさらにデザインすると
 いろいろな組み合わせも
 楽しめます。

DSC_170511-6.JPGDSC_170511ー4.JPG

















 裂き織りの服地とマフラー
 経糸は絹です。


DSC_170511-5.JPGDSC_170511-2.JPG


 左:裂き織りの布を
  ラフィアコイリングの籠に組み合わせました。








                      右
           何時ものハンカチのサンプル

           来月織ります。

| grass-heart | 手織りを楽しむ(メイプルセンター) | 19:10 | - | - |
手織を楽しむ 供 淵瓮ぅ廛襯ルチャーセンター)
綜絖3枚で ウールや綿糸 裂き織りなどにも面白いので織る模様 ラグ・マット・バッグの布を織りました。
緯糸密度高く WEFT FACE ラーヌ織りに似ています。
DSC_170427-1.JPGDSC_170427-2.JPG


 サンプルを織っておくのは
 のちのち 良いのです。


4月期になって 新しく参加されるかたも 一緒に 整経からの織準備を確実にできるよう毎回しています。
DSC_170427-3.JPG

DSC_170427-4.JPG

今月は バーズアイやローズパスのサンプラーを織ります。
| grass-heart | 手織りを楽しむ(メイプルセンター) | 20:30 | - | - |
手織りを楽しむ機淵瓮ぅ廛襯ルチャーセンター)
DSC_1272.JPGDSC_1275.JPG













この課題は 何回も繰り返し織っているのですが 毎回 楽しく織れます。
きれいに織りあげることや 色の組み合わせ 柄の構成など 
いろいろ織ってみたくなります。


DSC_1271.JPG

DSC_1270.JPG

DSC_1279.JPG

DSC_1276.JPG

DSC_1282.JPG

DSC_1281.JPG
 今月は 新しい方が参加されているので 
 裂き織りです。

 インド綿や染めた布を裂いて 組み合わせます。
 経糸は 藍染綿糸です。
| grass-heart | 手織りを楽しむ(メイプルセンター) | 18:51 | - | - |
手織を楽しむ供淵瓮ぅ廛襯ルチャーセンター)
2月はrosepath でした。 基本の織方をどのように展開させていくかも考えたいと思います。
ており1−220170323134549.jpg
 白糸ベース 
 緯糸も白糸でタビーいれて織ります。

 黒糸ベース
 緯糸も黒糸でタビー織ります。


20170323134623手織?−3.jpg
 こちらは 黒糸ベースですが
 rosepath織りながら 
 色糸で タビーを織ったものです。

20170323134817手織?−5.jpg
 新しく参加された方の 初めての4枚綜絖です。
 
 整経 綜絖通し 筬通しして
 テーブルルームは レバー1  綜絖枠1です
 1番最初は straight Draft(組織図の読み方練習)
 わかりやすいのですが 少し手間がかかります。

 左画像 織ったものです。

 裏表少しちがって見えます。
 
 

  

今月は  Weft Face(緯糸密度高い)の織物です。(舌を噛みそうな 名前がついています)
IMG_1544 (2)手織?−6.JPG
 rosepath の糸が残っているので
 その糸を生かす織り方です。
 
 色糸の入れ方と レバーの下ろし方で
 いろいろな模様が織れます。

 楽しい織物になります。


 この講座は 4枚綜絖組織を理解していくため
 簡単な組織を さまざまな 素材で織ります。

 素材の違いにより
 実用的な ものつくりができます。

 4月期 あと2名 入れます。
 30または40cm織り幅の
 テーブルルームで 受講できます。
 


| grass-heart | 手織りを楽しむ(メイプルセンター) | 06:55 | - | - |
手織りを楽しむ機.瓮ぅ廛襯ルチャーセンター
DSC_手織り3−1.JPG手織3−2.JPG
 左画像は 
 スピンドルで紡いだ
 シェットランドの手紡ぎ糸。
 カムバック。


     右画像は カムバック
     柔らかくむっちりとして
     いますが上品。
     ティーマット
上の2枚を織ってきたWさんは 今日も手紡ぎ糸で織りす落ち着いた色調になります。

DSC_1115.JPG

DSC_1103.JPGDSC_1113.JPG


DSC_1106.JPGDSC_1110.JPGDSC_1114.JPG



DSC_1107.JPG

DSC_1105.JPG 

タぺ糸の色は 全部で9色です。平織の中でも この種類の織り方は世界中で織られ お国らしさが出るように
とても自分らしさが出る楽しい織り方です。
1月期は タぺ用のカラフルな糸の中に 残りの糸や手紡ぎの糸にれて織りました。
まだまだテクニックはたくさんありますが グラフィックな感じのものを織るのは とても新鮮です。
絵柄や 象徴的な模様を入れるとまた 雰囲気が 変わります。
傍らに木枠に糸を張り織れるようにしておくと 気分転換にもなります。 
| grass-heart | 手織りを楽しむ(メイプルセンター) | 19:04 | - | - |
手織りを楽しむ(メイプルカルチャーセンター)
織物の組織を読んで織ればいいというだけでは 織っているということにはならないと思うのです。簡単なことでも くり替えし織り 生れ出てくるものがあるようにと思います。

DSC_手織り?−2−1.JPG










 1月の課題は テーブルルームでの引き返し
 1枚の布の中にいろろな模様が出ます。


DSC_手織り?2月課題.JPG





 今月から組織の展開を
 いろいろな材料で織ってみることをします。
 左は ローズパスの組織を織ったものです。

 黒ベースと白ベースで織ります。



4月からは 棉・麻と裂き織りをします。
DSC_裂き織りBAG.JPG
 日野市から通っくださるAさんは
 長く手織りをしています。
 裂き織りも
 袋物も得意中の得意です。

 チェックのシックな色合いの布を
 バイヤスに裂いて(はさみで裁って)
 織ったものです。

DSC_1043.JPG

 拡大した画像です。 
 縁のバイヤス布を裂いたのです。
| grass-heart | 手織りを楽しむ(メイプルセンター) | 19:44 | - | - |
手織り供淵瓮ぅ廛襯ルチャーセンター)
DSC_8枚4.JPG
 昨年10月から開講された手織り兇
 とりあえず組織を織るまでをしてみました。

 糸の準備をして 使用する道具の事なども緯糸も
 組織を織る前に必要になります。

 

織り機の使い方の 応用編で 簡単整経の経糸引き返し織り さらに緯糸もひき返し織りをします。
DSC_8枚2.JPGDSC_8枚1.JPG


DSC_8枚3.JPG
 1月からは 織り機の動作を主にしながら
 テキストを読みながら 織っていきます。
 
| grass-heart | 手織りを楽しむ(メイプルセンター) | 20:17 | - | - |
手織りを楽しむ機淵瓮ぅ廛襯ルチャーセンター)
メイプルセンター”手織りを楽しむ”講座では 卓上平織機で ”平織のすべて”を講習しています。
DSC_手織り?−1.JPG
 織ってすぐ 楽しめるマフラーは 
 すぐに手織りを始められます。
 また 素材・模様テクニックを講習するにも 
 マフラーは適しています。
 マフラーで使った テクニックは 
 いろいろなものに使えます。 

 画像がぼやけてしまいました。

DSC_手織り?−2.JPG 昨年秋から 新しく始められる方が増えました。
 初めてというより 少し織ったことがあるけれど
 もう少しという方が増えていています。

 最初の基本 経糸の張り方 模様の出し方
 仕上げの仕方などがわかる内容です。

 春ごろからですと 裂き織りから始めますが 
 まだ マフラーは使いますし、
 一人で繰り返し織れば織り機にもなれます。

DSC_手織り?−3.JPG 1年を通して 受講された方は 
 糸が少しずつたまってきますので
 その糸を使って織るということをします。
 棉麻絹毛といろいろな色を見て イメージします。

 例えば ランチョンマットをデザインして織る
 または 細い上質な糸をすべてやたら縞のストールを
 織るというように決めます。

 今月に 来月のおおよその内容を決めていきます。
| grass-heart | 手織りを楽しむ(メイプルセンター) | 22:58 | - | - |
手織りを楽しむ 供柄反タサ 縫瓮ぅ廛襯ルチャーセンター
DSC_手織り?12−2.JPG
 クリスマスのリースは
 どんな手仕事の分野でも(例えば キルト)作りますね。

 受講されている方が ”残った糸を3cm幅に長く織り
 リースの土台に巻いて造ってみました”と見せてくださった。

 ほほえましいですね。
 ちょっとしたことにも織りをする。
 ほんとに 手織りが好きなんですね。


10月から始まった多綜絖織りも 12月は 少しリラックスした講習にしました。
リジット織り機では たてもよこも引き返しができますが 多綜絖は 整経して織り機に糸をかけるので無理かなと思ったのですが やってみました。
ケイテイールームは小さいので そのままリジットでするように 経糸を引き返し バックビームを巻いてから ラドルに糸を分け 綜絖通します。
少し大きい機の方は 筬立てにたて 長さを決め 経糸を整経します。機の扱いが慣れてからしてみてください。 
DSC_手織り?12−1.JPG

DSC_手織り?12月ー3.JPG
 左の画像は 経糸も引き返し整経してありますが
 まだ 先のほうなので
 織ったのは手前で 平織部分と綾織りで引き返してみました。
 いろんなんことを組み合わせると 楽しいです。

 これも 少しの経験と あそび心がないとね。
| grass-heart | 手織りを楽しむ(メイプルセンター) | 16:21 | - | - |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ grassheart web shop
http://grassheart.shop-pro.jp/
+ TAGバッジ
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE