workshop GRASS HEART

染、紡、織、編の工房の日々_______Tel/Fax 03-3776-2784_______Mail: grassheart@nifty.com
<< セミが鳴き始めた | main | ラフィアクラフト(メイプルカルチャーセンター) >>
草木で染める染色講習(柿渋染め)
140718_柿渋染め3.jpg今日は 柿渋染めです。
あいにくの曇り空

お日様の力が必要なのに・・・・

藍染のコースターを柿渋液につけて

部屋の外のバルコニー欄干手すりに
干してみました。

140718_柿渋染め1.jpg
 柿渋染めをして
 何年もたったもの 
 サンプルとして

 柿渋液の濃度
 酸化のころあい

 被染物の風合いなど
 を確認して
 自分でなんでも
 何度も染めてみましょう。

 itommo さんの針刺しは
 とても参考になります。

前回の藍染に柿渋液をかけて 曇っていますが外で1時間ほど干した状態
140718_柿渋染め2.jpg

うっすらベージュになったところ鉄媒染したもの
時間があるときは 最低でも1日 陽に当て それから鉄媒染したほうが良いです。
アート晴海1.jpg


140718_柿渋染め4.jpg

140718_柿渋染め5.jpg
 柿渋は 紙 糸 布 木材
     綿・麻・絹・レーヨンなどの素材に掛けることができます。
     染めるというより 液をかける かさねる つける

     太陽のの光があると とても良いです。
     それから 染めてから1週間は 干して発色させます。
     それから 糸・布は 水で洗うのです。
     木・紙はそのまま。

     織ったり縫ったりは 風合いを確かめながら
     バリバリと硬くなりすぎると あつかいにくいです。


シリーズ:糸のこと     
     草木で染める染色講座3回目は 9月から始まります。(月島社会教育会館
     
     染料として 珍しく染め方も特殊なもの。
            (コチニール・紅花・藍乾燥葉・木の実アンバー)
     
     主に洗った羊毛(または 糸・スライバー)
           絹(糸・スライバーなど)

| grass-heart | 中央区月島社会教育会館アートはるみ | 22:42 | - | - |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ grassheart web shop
http://grassheart.shop-pro.jp/
+ TAGバッジ
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE