workshop GRASS HEART

染、紡、織、編の工房の日々_______Tel/Fax 03-3776-2784_______Mail: grassheart@nifty.com
<< さんごの独り言 | main | 久しぶりにTVから >>
わくわくランド
曇りがちなお天気が続いている中 いつもと変わらず、手を動かす、外部からのスタッフは 気持ちを切り替え 集まります。そうやって みんな集まりその場所ですごす。
環境と人が心をつくると思うのですが ここでは そうもいかない場合もあります。

150903_わくわく7.jpg

 今日のメンバー、ボランテイアの方がたは
 目の前のことを見ながら 
 それぞれに創りだします。

 わくわくランドでは いつも裂き織りしています。
 織られた布はたくさんストックされ ボランテイアの方がたによって形にされます。
 裂き織された布はいろいろなイメージをよび 創造力を掻き立てます。
 150903_わくわく4.jpg

 経糸はすべて絹で 草木染しています。
 
 古いけれど上質な着物地を裂いて 
 筬密度高く織られています。

 裂き織の布の定義は 
 この仕事をいつもしていくという
 わくわくランドの意識によって
 材料も 織り方も あるレベル以上に
 織られ 形にされます。

特異な 環境だからこそ あいまいでなく どういうものを創っていきたいかと考えてきたのだと思います。
1日ではできません。みんなで生きて創っていくことは 息をするように続くのです。

今日の手紡ぎは ”準備されることは 自然に浮かぶというより これとあれをどうしたらどうなるか”が思いつくようになったということです。どんなこともそうやって進みますが。
150903_わくわく3.jpg150903_わくわく2.jpg










フェルトをしたり 環境が変わってから 使う色が明るくなりました。
手紡ぎは 繊維を整えることとと織り糸を紡ぐので色はブレンドします。


最近の手紡ぎ糸は 細くなりよりもやや強い撚りというくらいまでできるようになりました。
経糸タッサーシルク 緯糸手紡ぎ糸です。
150903_わくわく5.jpg150903_わくわく6.jpg



| grass-heart | 手工芸活動支援プロジェクト | 23:40 | - | - |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ grassheart web shop
http://grassheart.shop-pro.jp/
+ TAGバッジ
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE