workshop GRASS HEART

染、紡、織、編の工房の日々_______Tel/Fax 03-3776-2784_______Mail: grassheart@nifty.com
<< HOMESPUN in IWATE   まちの編集室 | main | 矢野ゆう子・キリムの技法による作品展 >>
ホームスパンテクニック講座郡 Α
2015年4月〜10月の郡も今日が最後となりました。皆さん織りあげて 縮絨です。
マフラー ブランケット 服地 を縮絨するための準備が整う間 課題の講評や 様々に質疑応答がされます。

151023_Aクラス2.jpg A(金)クラス

151023_強撚糸を紡ぐ.jpg
 
 サンプルを見て 説明を聞き
 すぐにでもを紡ぎたくなります。
 強撚糸についての質問は
 紡ぎ方 糸の仕上げ方
 織り方 縮絨と 仕上げてみてと
 過程を踏んで
 はっきりわかります。

 


151024_Bクラス.jpg
 B(土)クラス

151023_レース糸.jpg
 紙のスピンドルを創り 
 双糸にしたレース糸。
 皆さん びっくりしましたね。
 実物を見ると 凄いですね。

151024_B補修.jpg


 マフラーや ブランケットの補修

 お湯を沸かしたり
 総重量の5%モノゲンを溶いておきます。

151024_縮絨準備.jpg
 最後なので 並びましたね。
 前日のAクラスは5個でした。
 
 浸している間に 実技や昼食など。

151023_完成?.jpg
 9月
 Aクラス

151024_完成2.jpg
 9月
 Bクラス


縮絨の経過は 一人一人違うので 先生に確認していただき わかるようになります。
マフラーショールは すすぎ脱水して 広げて乾燥 服地は フリースの準備から染色紡ぎ織り縮絨と 6か月かけて制作しましたが それぞれに得たものがありましたでしょう。
めでたく 乾燥仕上げ直前まで 全員が完成しました。
服地の方は 塩ビ管に巻き そのまま家に持ち帰り 残りの作業をします。
Aクラス
151023_乾燥?.jpg151023_乾燥1.jpg


Bクラス
151024_乾燥b.jpg


* ホームスパン講座の作品は 12月2日〜のall abut the wool 勝並臍匯概念館ギャラリー)に 
  森先生の作品と共に展示されます。
ホームスパンテクニック講座 鹸 2016年4月〜10月 の予約受付をしています。
 A・Bクラスとも定員8名ずつ 16名です。新しい方・継続される方 も予約されていますが 確定は2月末です。
服地縮絨後 仕上げ工程 塩ビ管に巻いて布目正しく巻き 3〜4日後まき直し またほどいて竿に干し プレス。
151023_A縮絨2.jpg

151024_巻b1.jpg

151024_巻b2.jpg
| grass-heart | ホームスパンテクニック講座 | 18:17 | - | - |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ grassheart web shop
http://grassheart.shop-pro.jp/
+ TAGバッジ
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE