workshop GRASS HEART

染、紡、織、編の工房の日々_______Tel/Fax 03-3776-2784_______Mail: grassheart@nifty.com
<< 3月4月のさんご | main | .フリースワーク >>
工房WORK color works
DSC_ファンシーヤーン2.JPG
羊の色だけでは 足りなくなり 
草木で染めたり 化学染料で染めたりして
色を楽しむことが出来るようになりました。
もし染めた糸や羊毛がなかったら染めますか?

染色は、私たちが出来る範囲で楽しむことができます。
目で見た色の経験は 積み重ねられ 心身ともに
色の作用や効用が普通に認識されています。

目的の制作物のために どのような色にしたいかは
各自の経験の中から生まれます。

創造する楽しさは いろいろな要素が入ってきます。
色彩も 好みの色や 訴えかけるための色など
色々と使いこなすことになります。

久しぶりに紡いだ ファンシーヤーン
ブルーを基調に 可愛く華やかな感じにしました。

私が今気になる色は ターコイズブルー 黄色味の入ったブルーです。
基調になる色は ターコイズと薄いブルーですが 糸を紡ぐときには やっぱり色々な色をすこしずつまぜ、ひかるファイバーも入れます。 べったりとしたターコイズではなく 軽やかな・・・・と思って バッツを作ります。
DSC_ファンシーヤーン1.JPG
 

  もう毛糸は 
 必要のない季節になりますが、
 アートヤーンではなく
 ファンシーヤーンを
 コピス(清澄白河)で
 展示販売させていただきます。

いつも色を準備しておかないとと つくづく思います。気まぐれとアドリブで過ごせるほど動けなくなりました。
160322_カシミア.jpg
  
  マフラー好きの方へ

  工房に 少しずつ残っている糸のうち
  マフラーが織れる程度の糸があれば
  マフラーを織ってしまいます。

  組織ではなく
  平織り機で 
  簡単に。
  色のサンプルになり
  偶然が織りだす模様に
  感動したりします。

  自由に織るというのではなく
  幅長さ筬目糸色をある程度
  考えて織ります。
  プレーンでいながら 
  輝いて見えるような。

  カシミアの少しずつ 残っているものを使って。
  カシミアは絶好の素材です。
  番手細!なので 何本も引き揃えたりすると
  面白いです。
  感触仕上がりは 文句なしです。
  縮絨で すごくよくなります。

  1年中 織っていてもよいなあと思います。 
  
| grass-heart | 今日の工房 | 01:30 | - | - |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ grassheart web shop
http://grassheart.shop-pro.jp/
+ TAGバッジ
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE