workshop GRASS HEART

染、紡、織、編の工房の日々_______Tel/Fax 03-3776-2784_______Mail: grassheart@nifty.com
<< 手紡ぎ予約講習(バッツカーディング) | main | 手紡ぎ予約講習(ポロワース〜) >>
2016年ホームスパンテクニック講座鹸 
DSC_羊プレート.JPG
ホームスパンテクニック講座第鹸が開講されました。
1年に鬼(6回講座)4月〜10月の間、手紡ぎ手織りの経験者を対象に
ホームスパンの基本を知識実技ともに深めます。
今期から 再受講の方も さらに 制作に励めるよう受講できるようになりました。
新規・継続・再受講16名が ABクラスに分かれます。 

DSC_homspun 1.JPG 1回目のシェットランドフリースからはじまり、
 各自制作物により羊毛種を選べるようになりました。

 テキストのホームスパンテクニック(森由美子先生著)を読み、
 どこまで自分で準備できるか。
 手紡ぎに入る前の 羊毛の知識 フリースの扱いなども
 実際に持参していただくいた羊毛の洗いあがりは 
 いまいちということで 洗い直しもありました。

 4月にシェットランドフリースが入荷したので実際に広げ 
 具体的な取り扱いを聞くことができました。

 シェットランドフリースの 部位別から 制作物への課程が
 今回はより具体的にわかるのではと思います。
 全員が シェットランドではありませんが。

160423_フリースネック.jpg160423_フリース1.jpg


















画像がボケましたが 英国羊毛のフリースの巻き方は
尻のほうから巻き ネックでまとめてあります。
画像上の方ネック下の方ベリー部分に置き 広げます。


内側にたたんであるので 毛先側を上にするため ひっくり返します。
160423_フリース2.jpg160423_フリース4.jpg


各部位の特徴を 見ながら一覧表にまとめます。
160423_フリース部位別.jpg

160423_カーデイング4−2.jpg
 各自紡ぎの準備に入ります。
 洗った羊毛を解毛し 
 ハンドカーダーにのせ
 カーデイングします。

DSC_homspun2.JPG
 ドラムカーダーも 同じく解毛し ドラムカーダーを回します。

 羊毛の部位、色を混ぜることを考えてカーデイングします。

DSC_homuspun4.JPG

 紡毛機の調整はとても大事です。
 グラスハートの紡毛機は
 講習で 皆さんが使用しますので
 自分の手紡ぎにあった調整を
 することが必要です。

160423_ホームsプパン4−1.jpg

160423_ホームスパン4−3.jpg
 シェットランドのマフラー向きの物と 
 ブランケット向きの物の違いは 
 洗って触ってみて はっきりとわかるようです。
 
 シェットランドは部位別の違いがはっきりしていますし 
 個体差もあります。
 どの羊毛も フリース1頭を求め、
 自分で仕分けしていくことを楽しみ
 洗い 染色し紡ぎ制作全体を見つめながら 
 手紡ぎしていくのがよいということでした。

 4月5月は 手紡ぎのこと  糸の仕上げ方
 番手 必要量の計算など次の織り計画に進む準備をします。 

 来月は 大枠 シャトルなどをお渡しします。
 糸の撚り止め さらに手紡ぎレッスンをします。 

 

| grass-heart | ホームスパンテクニック講座 | 18:08 | - | - |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ grassheart web shop
http://grassheart.shop-pro.jp/
+ TAGバッジ
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE