workshop GRASS HEART

染、紡、織、編の工房の日々_______Tel/Fax 03-3776-2784_______Mail: grassheart@nifty.com
<< 森 由美子 ホームスパン展  2016(京都) | main | ホームスパンを目指す講習 >>
ホームスパンテクニック講座 鹸 ΑA・Bクラス 縮絨2
10月21日(金)Aクラス
DSC_0587.JPG  洗剤液につけ
 縮絨作業中です。DSC_0591.JPG


DSC_服地.JPG
 服地の仕上げに入ります。
 すすぎ 脱水して 
 塩ビ管に 巻き上げます。 

DSC_せっと1.JPGDSC_乾燥.JPG


DSC_吉澤.JPG 縮絨作業済
 家で仕上げたマフラー

















 下は
 脱水して 乾燥
 家でアイロン仕上げします。

DSC_0593.JPG

DSC_カーデイング.JPGDSC_0603.JPG




ドラムカーダーでカーディングしたものは
セミ梳毛に紡ぎやすいのですが

ハンドカーダーでカーディングして 
セミ梳毛に紡ぐのがなかなか・・・
ということ 番手の事などなど
ひたすら紡いで 自分の手で紡ぎだせるよう
紡ぎ、紡ぎ、紡ぐ。

今期の講習の間に 自分の取り組んだことをまとめながら質疑応答がありました。


10月22日(土)Bクラス
DSC_ホムスパンテクニック4期B1.JPGDSC_ホムスパンテクニック4期B2B.JPG










何枚も織り 1枚1枚丁寧に縮絨、1枚だけよりも その時に数枚織ったほうが 縮絨の感じが確認できます。


DSC_ホムスパンテクニック4期B5.JPG

DSC_ホムスパンテクニック4期B6.JPG

 30×160サイズは 
 決まっていますが
 マフラー、次はブランケットをと
 思われる方は 30cm幅に織って 
 備えるとよいでしょうね。

DSC_ホムスパンテクニック4期B4.JPG
 先月縮絨した
 マフラー

DSC_0610.JPG
 先月縮絨した
 ブランケット


今月で ホームスパンスパンテクニック講座鹸は 終了しました。
毎回の詳細な 講習実技内容は 留めおかれて さらに紡ぎ織っていかれますように、また継続再受講ともに お早めに受講予約をお願いします。

受講された方々の作品は all about the wool Ⅺ期 ”あたたかいものたち”(大倉山記念館ギャラリー)にて 森先生の作品と共にに展示されます。(2016.11,30〜12.5)

ホームスパンテクニック講座は 経験者向けの講座ですが 一人一人の進度に合わせ 無理なく知識技術ともレベルアップしていかれる内容となっています。
また ホームスパンテクニックの特別講座(フリースから糸へ) 手紡ぎと手織り基礎講座(初心者向け10回講習)を予定しており ホームスパンへの理解をふかめていきたいと思っています。 
| grass-heart | ホームスパンテクニック講座 | 19:38 | - | - |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ grassheart web shop
http://grassheart.shop-pro.jp/
+ TAGバッジ
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE