workshop GRASS HEART

染、紡、織、編の工房の日々_______Tel/Fax 03-3776-2784_______Mail: grassheart@nifty.com
<< 始めて間もない組織織り(ケイティールーム) | main | 手織を楽しむ供淵瓮ぅ廛襯ルチャーセンター) >>
わくわくランド (9月)
暑い夏も過ぎましたが 季節の変わり目は いろいろなことが動きます。
つぎののテーマやポイントを決めて仕事を着々としていきます。
DSC_2259.JPG 整えられた羊毛を
 落ち着いて 紡ぎます。

色を混ぜ よく整えられたバッツは 落ち着いて紡げるのです。やや撚りは強いですが づ腰ずつですが どのように紡ぐかをわかっていきます。(スライバーをそのまま紡ぐことはしません。)
DSC_2261.JPGDSC_2262.JPGDSC_2264.JPG



紡いだ糸は 撚りは強いのですが 同じ調子で紡げるようになったのです。
経糸・緯糸ともに 整経 織りました。布地全体としては 同じ調子で織られ 1枚の布としてみることが出来ます。
ストールとして 使えます。同じものは作れません。(紡績糸程度の重さになっています。    右画像は 拡大
DSC_2257.JPGDSC_2258.JPG


DSC_2265.JPG

 左の青いマフラーは織り・縮絨と糸の使いかたの参考になります。
 フェルトヤーンを作ると良いです。
 右のマフラーは 絹糸と手紡ぎ糸ですが、
 縮絨の度合いに注意すると良いのです。

 染め・織り・紡ぎ・フェルティングも取り入れて
 楽しんでいます。

 どんな糸になって どんな形になるのか

 創造の秋へ。

 

紡ぎ織れるようになってから  どなたも どんな場合も 1枚織って それでよしということになるには 経験と周りの評価など 客観的に見ることが大切だと思います。
| grass-heart | 手工芸活動支援プロジェクト | 23:20 | - | - |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ grassheart web shop
http://grassheart.shop-pro.jp/
+ TAGバッジ
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE