workshop GRASS HEART

染、紡、織、編の工房の日々_______Tel/Fax 03-3776-2784_______Mail: grassheart@nifty.com
<< 手織を楽しむ供淵瓮ぅ廛襯ルチャーセンター) | main | ヤギマリ knit 色 イロ 迷路 >>
ホームスパンテクニック講座拘A・Bクラス
DSC_20171027-1.JPGDSC_2514.JPG


DSC_2515.JPGDSC_2516.JPG


強撚の糸を紡ぐこと 織ることは 理屈通りに 何回もやってみても なかなかうまくいかないのですが
納得するまで紡ぎ織ってください。
森先生の織ったサンプルを見ることによって また意味もよくわかるのです。
DSC_2537.JPGDSC_2538.JPG


DSC_2518.JPGDSC_2521.JPG

2回目の修正と縮絨
お湯につけている間に 織り機の事 機種の違いによる
仕掛け方の工夫について
また手紡ぎ糸に対しての整経 仮筬通し 綜絖通しなどの
復習確認など質問も。


DSC_2526.JPG

 前回の仕上げたもの



DSC_2520.JPGDSC_2534.JPG


DSC_2536.JPG

DSC_2531.JPG

DSC_2530.JPG

2017年のホームスパンテクニック講座も今日が最終回になりました。

毎年 終了作品は 12月 大倉山記念館ギャラリーの all about the wool に参加 展示されてきましたが 今期作品は 日時場所共に変わります。
毎年 2月 森先生のホームスパンテクニック特別講座を開講しています。来年は この講座も場所を変えてすることになりました。また ホームスパンテクニック講座佐もカリキュラムを変え開講されます。

11月 盛岡ホームスパンの終わった後、お知らせできます。(継続・スポット受講もできます。)もうすこしお待ちください。
森先生からのお便り

ホームスパン講座を受講された皆様へ

ホームスパン講座もグラスハートさんはじめ皆様のお蔭をもちまして、今年拘を終えることが出来ました
その後、糸作りや作品製作など楽しんでいらっしゃいますか?
講座では至らない点も多かったかと思いますが、皆さんの作品作りのお役に立てたでしょうか
ホームスパンは糸作りの作業に重点がおかれ、ほとんどの時間を糸紡ぎに費やすことになるのですが、私はふわふわの羊の毛が糸になっていくこの過程が大好きです
糸を紡ぐゆったりした時間を楽しんでください 何よりも楽しいって思うことが作品作りの原動力になります

この度、グラスハートさんが展示会の企画をしてくださって作品発表の場を設けていただくことになりました
発表することで自身の製作の励みになったり、製作することで新しいアイデアがひらめいたり、他の方の作品を拝見出来たり、展示会は自分の作品を見直したり高めたりすることができるとてもよい機会です

講座を受講してくださった方々が途絶えることなくつながっていけるように
この機会にぜひぜひ参加して交流を深めましょう!
多数の参加をお待ちしています

2月の自由が丘でお会いしましょう!   森 由美子
| grass-heart | ホームスパンテクニック講座 | 18:07 | - | - |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ grassheart web shop
http://grassheart.shop-pro.jp/
+ TAGバッジ
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE