workshop GRASS HEART

染、紡、織、編の工房の日々_______Tel/Fax 03-3776-2784_______Mail: grassheart@nifty.com
<< 一途に染める | main | 手織を楽しむ >>
ミント さらに染める
DSC_3432.JPG

16日に刈り取ったミントを17日に染めました。
その時は1Kgありましたので 最初の染色に300g使いました。

右の画像は 染めて整えたものです。
上品な なくなってしまいそうな色です。


残り700gのミントは 部屋に干してに置きました。

3日干しておいたミントは 150gになってしまいました。
完全にカラカラではありません。

その150gのミントで カシミアを染めることにしました。
50gを3綛創り Al・Cu・Feで 媒染することにしました。

下画像は 染めの様子です。

DSC_3435.JPG

 150gの乾燥ミントと150gのカシミア

DSC_3436.JPG
 ミントは 2回抽出 
 染液をためます。
 カシミアは
 60度の湯につけておきます。
 脱水して 染液に入れます。

DSC_3438.JPGDSC_3439.JPG


DSC_3442.JPG 左から
 無媒染
 Al
 Cu
 Fe


DSC_3444.JPG
 染材と被染物の違いなどありますが 
 かなり濃く染まっています。
 (実物は ブログ画像の色より濃いです。)

 ミントは お茶にしたり 薬効もあるハーブですから
 生葉よりも 乾燥させたほうが 色素も出るのかもしれません。

 慌てて 生のうちにと 染めなくても大丈夫です。
 ミントは 増えますから 刈り取ったら さっとシャワーして束にし 
 逆さにぶら下げ乾燥さておきますと いつでも染められます。

 植物の 枯れた状態と 乾燥させた状態というのは違うのです。

DSC_3443.JPG
染色している間に 17日に染めたポロワスを
セミ梳毛に紡ぎました。

前の工房では 
1日に 1圓らいは 染められましたが。
キッチンでは 100gの綛にして 3媒染が限度です。
 午前10時から午後4時くらいまで。


植物染色講習は
        1染材
        被染物 100g×3
        3媒染
        参加者3名
        11時から4時まで

なんとかできそうです。染め材・被染物 持ち込み可です。
| grass-heart | 今日の工房 | 16:57 | - | - |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ grassheart web shop
http://grassheart.shop-pro.jp/
+ TAGバッジ
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE