workshop GRASS HEART

染、紡、織、編の工房の日々_______Tel/Fax 03-3776-2784_______Mail: grassheart@nifty.com
<< 夏季講習2日目ナチュラルダイイング | main | 今週の予定 >>
夏季講習乱れ絣のマフラー
染めて織るに関しての、大体の復習が出来ます。
持ち運びの出来るリジット織機で、機がけの基本が理解できると思います。

 









整経  出来上がり寸法 20×180cm 
整経長 180×1.1+40=228cm  
オサ密度 5/C
総本数 (20×1.1)×5/c=110本

整経台  オリヴィェの方は、織機の本体裏側に、整経棒を立てると整経台になります。
      アシュフォードの織機の方は、テーブルに整経棒を立てて、長さを決め整経します。
      また、リジット専用整経台というのもあります。

この2日間の講習は、化学染色が始めてという方もいます。
整経した糸を湿らせ、染色容器に並べ、3原色で色を作り 染めます。(3原色の知識を少し思い出して)
  

 化学染色の基本は、
 染料濃度・助剤・温度、
 沸騰して染料が発色、
 定着します。
      
 少ない糸量は
 割合簡単に染められます。

整経して染めた糸は、すすぎ脱水して、一晩で乾かします。
3時には、終ってしまうので、後の時間は、糸をまだら染めしました。
 次の日 
 機がけ
 綾棒(紐)を固定し、仮オサ通しをして巻き取り、
 ソウコウ通しをして、織り始めます。

 オサ密度と打ち込みはいまいちですが、
 リジット織機は、ほんとに簡単な平織り機です。

 
 









7人参加予定のところ5人しか出来なくて、帰った方もいて3人の画像ですね。
絣が断層のようにずれるので、縞を入れるとより、アジアの絣のようになります。


この講習は、工房でもできます。いつでもどうぞお問い合わせください
| grass-heart | 夏季講習会 | 16:21 | - | - |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ grassheart web shop
http://grassheart.shop-pro.jp/
+ TAGバッジ
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE